米肌は肌荒れしてる場所に使える?

米肌は肌荒れに使える

冬の何かと乾燥してしまう季節だけではなく、紫外線が強く、汗を拭ったりする際に肌を刺激することの多い夏でもお肌は荒れてしまいがちですよね。

 

特に真夏、ちょっとした刺激でも「なんだか痛い、ヒリヒリする」と感じてしまうことはありませんか?

米肌は、肌荒れしている場所でも安心して使うことができるのでしょうか?

 

まず、米肌の成分をチェックしてみましょう。すると、「エタノール」という表示がありますよね。「え?エタノールって一番しみる成分じゃない?」と心配になってしまいますが、実は「しみる」と感じるのは、エタノールだけではありません。

 

安い市販の化粧水では、成分内容が酸性に傾いていることが多々あります。また、添加物の香料にも大量のアルコールが配合されていることも。

 

逆に、エタノールが含まれていても、米肌のように弱酸性で統一していたり、保湿力の高いトレハロースを配合していると、肌荒れでもしみにくくなるのです。

 

肌荒れの原因は様々ありますが、まずは保湿、そしてターンオーバーの正常化をはかっていくことが大切ですよ。

 

>>米肌とアトピスマイルを徹底比較!TOP